注目の記事 PICK UP!

お酒の知識

特定名称分類

現在の清酒の分類において、もっとも重要なのは特定名称です。原料や製法が一定の基準を満たす清酒は、純米酒(じゅんまいしゅ)、吟醸酒(ぎんじょうしゅ)、本醸造酒(ほんじょうぞうしゅ)といった
特定名称酒(とくていめいしょうしゅ)に分類されます。特定名称酒に該当しない清酒は
普通酒(ふつうしゅ)と呼ばれます。

特定名称酒

三等米以上の白米を用い、白米の重量に対する米麹の使用割合が15%以上の清酒。原料や精米歩合により
本醸造酒(ほんじょうぞうしゅ)・純米酒(じゅんまいしゅ)・吟醸酒(ぎんじょうしゅ)に分類されます。

本醸造酒

精米歩合70%以下の白米、米麹および水と醸造アルコールで造った清酒で、香味及び色沢が良好なもの。使用する白米1トンにつき120リットル(重量比でおよそ1/10)以下のアルコール添加(アル添)をしてよいことになっている。そのままではアルコール度数が高いので水で割ってあることが多い(割水)。一般的に味は軽くなり、すっきりしたものとなります。

純米酒

白米、米麹および水だけを原料として製造した清酒で、香味及び色沢が良好なもの。
ただし、その「白米」は、3等以上に格付けた玄米又はこれに相当する玄米を使用し、さらに「米麹」の総重量は、白米の総重量に対して15%以上必要である。
一般に吟醸酒や本醸造に比べて濃厚な味わいであり、蔵ごとの個性が強いといわれます。

吟醸酒・純米吟醸酒

精米歩合60%以下の白米、米麹および水を原料とし、吟味して製造した清酒で、固有の香味及び色沢が良好なもの。低温で長時間かけて発酵させて造る。吟醸香と呼ばれるリンゴやバナナを思わせる華やかな香りを特徴とする。最後に吟醸香を引き出すために使用する白米1トンにつき120リットル(重量比でおよそ1/10)以下の醸造アルコールを添加します。
吟醸酒のうち、精米歩合60%以下の白米、米麹及び水のみを原料とするものを特に純米吟醸酒と言いいます。一般に、他の吟醸酒に比べて穏やかな香りです。

大吟醸酒・純米大吟醸酒

大吟醸酒とは精米歩合50%以下の白米、米麹および水を原料とし、吟味して製造した清酒で、吟醸酒よりさらに徹底して低温長期発酵する。固有の香味及び色沢が特に良好なもの。最後に吟醸香を引き出すために少量の醸造アルコールを添加する場合もあります。
フルーティで華やかな香りと、淡くサラリとした味わいが特徴。
大吟醸酒のうち、精米歩合50%以下の白米、米麹及び水のみを原料とするものを純米大吟醸酒と言う。
一般に、他の大吟醸酒に比べて、穏やかな香りで味わい深い。
大吟醸酒は最高の酒米を極限まで磨き、蔵人の力を結集して醸した日本酒の最高峰といえます。

関連記事

  1. 会社概要

  2. お問合せ


期間限定、旭鳳酒造が送る今年のプレミアム
7代目酒蔵主、洋平登場
広島市可部の酒蔵
Facebookページもあります!

人気記事


熱燗・冷酒あなたはどっち派?
洋平が答えるお酒のお題
今、飲まれている旭鳳の酒
日本酒で造ったミラクルな味・・・
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。